kawaii-sexy-love:

Hitomi Yasueda 安枝瞳
medicinasenzaprescrizione:

kachikachi2: 2014/06/28 07/06 ひおきち氏@ヶ原さん&ちさき | 0.1倍返しN
sazaeallstars:

チーム女の子♪(中身おっさん←)*咲樹|アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログPowered by Ameba
aacvalve:

パフェセット。 カメラ:マミヤRZ67 フィルム:FUJIFILM PRO400H

aacvalve:

パフェセット。
カメラ:マミヤRZ67
フィルム:FUJIFILM PRO400H

(ibi-sから)

licoricewall:

トリンドル玲奈 (Reina Triendl): MUSEE PLATINUM - Fall 2014
chikazoe:

92z3Gyb.jpg

(元記事: op2 (abcbabcbaから))

licoricewall:

大島優子 (Yuko Oshima): mini - Nov 2014

licoricewall:

大島優子 (Yuko Oshima): mini - Nov 2014

(出典: tkj.jp)

(元記事: abcbabcba (invokeから))

fuckyeahjapanandkorea:

雪の金閣寺 Kinkakuji temple in snow by kubotake 
asiadreaming:

risa yoshiki | 吉木りさ
"

「ネットバブル」と呼ばれた当時、我々は複数の業界で、競合となる大企業から人材を次々と引き抜いていました。この時、どの業界であっても、業界1位と2位以下の反応は好対照でした。我々の引き抜きを行った際、業界1位の会社は転職した社員にも我々にも、「出入り禁止」と言わんばかりにカンカンに怒っていました。一方、業界2位以下の会社は、「辞めても、仲良くやろう」「これを機に会社同士の新たなコラボレーションが生まれるかもしれない」と寛容でした。

 そうした態度は、とても良い会社に見えますし、良い人たちに思えますが、この時私は、あることに気づいたのです。すなわち、この「甘さ」が1位と2位以下の差につながるのだと。当時1位で激怒していた会社は、今でも業界首位を堅持しています。

 長い目で見れば、社会に対しても社員に対しても、良い会社とは永続性のある強い会社のことだと思っています。そのためには、優秀な人材を競合には渡さない、という毅然とした態度も必要だということに、その時、気づきました。それから私は、不寛容と言われようが、社員が同業の競合に引き抜かれた場合は「激怒する」という方針を決めたのです。

"

私が退職希望者に「激怒」した理由  (藤田晋氏の経営者ブログ) :日本経済新聞 (via otsune)

(otsuneから)

kawaii-sexy-love:

Nami Iwasaki 岩崎名美
kawaii-sexy-love:

Rina Kawaei 川栄李奈
kawaii-sexy-love:

Mikiko Yano 矢野未希子

kawaii-sexy-love:

Mikiko Yano 矢野未希子

(abcbabcbaから)